スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕方の楽しみ

0.125k㎡のこの島、500m×250mの土地のすみずみまで家が建っている。

この数字だけを見ると狭くて狭くて堅苦しそうなのですが、実際はそうでもありません。
島の端っこにでっかい壁がそびえ立っているとしたら、この島は息苦しくて逃げ出した
くなるだろう。
でも、この島の周りにはコバルトブルーの海が広がっている。潮の流れは目に見えて
早いけど「日本海の荒波」とは違うすごく穏やかな波。
部屋以外で一人でゆっくりできる場所はないけれど、それでも海が見れることで自然と
気持ちがリフレッシュできます。


そして、最近の楽しみは夕方のバレーボール!!
ケヨドゥの女性は、主にバドミントン、「バシ」と呼ばれる日本人からすると楽しいとは思
えないもの、そしてバレーボールをしている。ちなみに男性はサッカー。
先週から、20代30代の女性たちは、ハーバー(船着き場)でバレーボールをし始めた。

イスラム教徒の女性たちのするバレーボール、ブルガをかぶっているから動きにくそう。
普段ゆっくり歩くところしか見たことない人たちのするバレーボール、面白いんかなぁ?
と、初めは半信半疑で参加しました。
みんな動くのだろうか??
ラリーは続くのだろうか??

そんな不安をよそに、毎日みんなでけったけた笑いながらやっています。
みんなすごく上手!
ラリーは続くし、アタックも積極的。何人かはネットが高いにも関わらず、すごく鋭いアタ
ックを打ってくる。
とっさの一歩はなかなか出ませんが、それを長年の経験で補っています。

ケヨドゥの子どもたちの、人のせいにしかしない、気分屋で思ったことすぐ口に出す加減も
すごいけど、バレーボールに熱中するその子の親たちもすごい。
やっぱり「子は親の鏡」。


自分の方が明らかに近いのに、
「取ってよ!」

お見合いしてしまったら、
「あなたが来るからよけてもたやん!」

「(私が)打つーーー!」
と言ってバックから突進。

「もっとキレイにレシーブしてよ!」


でも不思議なのは、だからといって険悪ムードにはならないところ。
ミスした時は、いじりながら爆笑。
きついこと言ってる人が失敗したらさらに大爆笑。
時には笑いすぎてサーブミス。

また、とりあえず
「マサヨ!マサヨ!マサヨー!」
と叫びまくるチームメイト。しまいには、相手チームも
「マサヨ~!」
近くを歩く小さな男の子も
「マサヨ~!マサヨ~!」

発言は日本人と全然違うけど、笑ったりいじったりする所は似ていて、私も自然と大声で
笑っていた。

島中ほぼ家族か親戚というこの島だから成り立っているのだろうけど、この雰囲気を受け
入れることができたらかなり面白いバレーボールです。
体育の授業では、こういう発言を減らしていって建設的な言葉をかけれるようにしていき
たいです。
長~い長~い道のりとは思いますが…

P1010652.jpg
よくボールが海に落ちます。私は二度海に飛び込んでボールを救助。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさぞう

Author:まさぞう
粉もんと牛乳でできています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。