スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この部屋ともお別れ

きっと帰りは荷物がいっぱいでえらいことになるやろうから早め
に荷造りを始めておこう。と先週から少しずつ荷物をスーツケー
スに詰め始めていた。

が、思った以上の荷物のなさにビックリ。
一番面積を占めたものはマレにあるホステルから借りてきていた
本でした。
確かに食料と日用品以外、何も買っていないので当然と言えば
当然なんだけど、これなら前日に荷造りしても十分間に合いまし
た。


ケヨドゥでの部屋とももう少しでお別れ。

天井にあるファンカーはガタガタガタガタと騒音を立て、トタンむき
出しの天井は昼間とても暑く、ベットは組み立て方が悪いのかグラグ
ラ揺れ、さらにマットレスは斜めに傾いている。なぜかドアのないト
イレで、シャワーは目がしみる海水シャワー。壁からは毎日大量の粉
が床に落ちる。部屋に付いていた炊事スペースも半年前にシンクのパ
イプが折れて使えなくなったきり。

そんな部屋だけどそんなこと全く苦に感じなかったなぁ。
良く言えば適応能力があるけど、この2年で感じたのは自分は何かと鈍
感なのでは?ということ。環境の変化にストレスを感じることがほとん
どない。もしかしてどこかの神経が2、3本ほど足りない?!

それもあるだろうけどこの住み心地の良さは何よりホストファミリーの
人柄だろうなと思う。

この家、この部屋で寝るのもあと1日。
とってもいいホストファミリーで、本当の家族のように過ごしていた。
前のホームステイ先も「毎日ご飯食べにおいで!」って言ってくれて
今日まで毎朝ご飯を食べに行ってたし、明後日はたくさんの家族と一気
にさよならをする気分でちょっと寂しい。

P3015418.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさぞう

Author:まさぞう
粉もんと牛乳でできています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。