スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は何かが違うぞPrize Day

去年の10月末の悪夢。

それはPrize Dayの準備。

モルディブの学校における一年間で最大の行事。
(但し成績優秀者のみ参加。そうじゃない子は不参加。ここにいつも疑問を感じる。)

外部からお偉いさんもくるので学校をきれいにするのはもちろんだけど、一番時間が
かかるのはPrizeのパッキング。とにかくノートから写真立て、グラスにスプーンセットま
で、全てのPrizeをキラッキラの包装紙に包む。これが本当に時間がかかる。それを去
年は3日連続で一日平均4、5時間、当日までその作業をする羽目になり、いくら成績優秀
者の晴れ舞台とはいえ、もううんざり!!という気持ちだった。
それには、全員参加ではないPrize Dayには莫大なお金を何とかして島中から集めてバー
ンと使うのに体育用具はこれまでいくら言っても一つも買ってもらえない、という苛立ちもあ
る。だってPrize Dayの予算いくらか聞いたら、ボール100個なんて余裕のよっちゃんで買え
る額なのにボール1つ買うお金は出してくれない。う~ん、どう駆け引きすれば体育用具に
も少しはお金出してくれるんだ~。お金が今ある!ってタイミングで言わないといけないの
かな~。全ての子どもに還元されるものなのに~。

という愚痴もあって今年のPrize Dayも乗り気じゃない…、中止にならないかな…。



しかし、今年は先生たちの動きが一味違った。

なんと、準備が2週間前から行われているのだ!!スーパーバイザーが、

「みんなPrize Day以外のことも忙しいんだから、パッキングは毎日夜の8時から9時って決め
て延長はなし!だから遅れてきたらだめ!!」

と。その甲斐あって15分以上遅れる人ほぼナシ!9時には絶対終わる!そして、上手に役割
分担して作業を進め、去年より作業効率がいい!
去年当日にやったリハーサルも、今年は前日にやるらしい。 わお!!


そして先生たち、

「今年は早めから準備を進めているからしんどくないね!」

そっか、さすがに去年、当日含めそれまでの3日間はモルディブ人の先生でも嫌な
くらいしんどかったんだ・・・。うんざりしたのは私一人じゃなかったんだ。


ということで、一定の生徒だけがたくさんのPrizeをもらうこの行事自体にはどうしても疑問は
残ってしまうものの、準備は去年より楽しく進めることができている今年のPrize Dayです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさぞう

Author:まさぞう
粉もんと牛乳でできています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。