スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貨物船に乗って

今回マレからケヨドゥに戻る時に乗ったのはフェリーではなく貨物船。前の家の人が
「貨物船は夜に出て朝着く。寝てたら着くからフェリーよりもいい!」
と言っていたので試しに乗ってみることにした。

P1040520.jpg
夜中の1時半集合と言われ、眠い目をこすりながらハーバーへ。
行くとすでにマレから帰るケヨドゥの家族が何組か船の中で寝ていた。真っ暗
だったけどよく知った人ばかりなので一安心。

下はすでに寝ている子どもやお母さんたちがいっぱいで場所がなかったし、暑かった
ので上に行って寝た。夜風がとっても気持ちよく、出発する前に寝てしまった。

明け方、海は大荒れで手すりを掴んでないと落っこちそうだった。寝転んでいてもあっ
ちやこっちに滑ってしまうので2時間ほど寝れず。揺れが激しすぎるため下にも降り
れず。
ヴァーヴ環礁の初めの島フリドゥに着いてようやく揺れがおさまった。

ここで荷物をたくさん降ろすため1時間ほど休憩。その間にある家族と一緒に、その家の
バッパの友だちの家に行き朝ごはんを食べた。
フェリーで来るときには停泊時間が短いのでフリドゥに降り立ったことがなかった。
初上陸!
しかし眠すぎて島散策できず、ハーバーのジョーリ(イス)に座って半時間ぼーっ
としていた。

P1040526.jpg
これが貨物船。貨物船と呼ぶにはかわいすぎるスカイブルーの船。
一週間に一回、ヴァーヴ環礁の5つの島にマレからの物資を運びます。
ヴァーヴ環礁は5つの島を合わせても2000人弱の人口なので貨物船もこのサイズ。
私が寝てたのは、上の部分。屋根が無かったら明け方の雨でびしょ濡れになるところ
でした。あぶないあぶない。

P1040524.jpg
貨物船の中。フリドゥで荷物を降ろす前はもっと手前まで袋が積まれていた。
この赤い床下にも店に置くヌードルや飲み物がぎっしり詰まっていた。

P1040523.jpg
こんな感じで上は15人ぐらいで雑魚寝。

フリドゥを出発してからは、下に降りて子どもと遊んだり本を読んだりして過ごした。


ケヨドゥに到着したのは午前11時。2時半にマレを出発したって言ってたから所要時間は
8時間半。あれ?荷物の積み下ろしがあるからか、フェリーより時間かかる。
だったら、フェリーでもごろんと寝転べるし6時間半だから、どうしてもって時以外はフェ
リーに乗るのが一番だな。
もし、天気がすごく良くて星空を眺めながら寝れそうな日だったらもう一度貨物船に乗っ
てみよう。

そんなこんなで6月11日にケヨドゥに戻ってきた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさぞう

Author:まさぞう
粉もんと牛乳でできています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。