スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マダハ・ムバーラー

先週「べレ二ヴェリン ゲ マダハ ムバーラー」がありました。

早口言葉のようで舌をかみまくりの「ベレニヴェリン」とは親のこと。

「マダハ」はイスラム教での賛美歌のようなもの。
もちろん伴奏なしの独唱です。 

「ムバーラー」はコンテストのこと。


「親たちのマダハコンテスト」が開催されたのです。


参加したマンマたち総勢16名。
去年も同じイベントがあったのですが、今年はそれを上回る美しい
マダハの数々。
マダハの定義は分からないけれど、歌われていたものとして多かっ
たのは、わが子へ歌うものや、子から親への歌だった。

今回はある人の歌を聞いて会場が静まり返り何人かが涙を流し、
私も歌を聞きながら彼女のきれいな歌声と歌に込められた思いに
泣いてしまった。

彼女はまだ結婚していない若い女の子だけど歌うことが好きで去年
に引き続き今年も参加。
今年の歌は、マンマ(母)へ向けての歌だった。

実は彼女の家では今年に入ってすぐに、お父さんがガンで亡くなった。
まだ40代後半だった。

私も毎日のように行っているお店のおじちゃんだったし、最後に会った
12月後半も「おじちゃん最近、店の中で寝ていることが多いけど疲れて
るのかな?」と思うだけで、いつものようにおまけでアメちゃんやスパー
リをくれていた。店番はしていたし悪い噂は一つも聞かなかった。

そのおじちゃんの若すぎる死に島中の人が驚き悲しんだ。
私もショックが大きかった。
中でも彼女のお母さん(亡くなったおじちゃんの奥さん)は本当に落ち
込んでいて、かける言葉が見つからないくらいだった。

そんな風に毎日が過ぎていく中で、彼女はお母さんを元気付けるために
母へ向けての歌をうたった。
相変わらず美しい歌声だな、と思いながらしばらく歌詞を聞いていると、
お母さんが元気になって欲しいという気持ちがひしひしと伝わってきて
涙が溢れてきた。


この会場の隅っこで、彼女のお母さんはにっこり微笑んでいた。

久しぶりに見る彼女のお母さんの笑顔に、私またもや涙。
親を想う子の気持ちに、心がじわっと熱くなったマダハムバーラーでした。



スポンサーサイト

ベスト飯

この2年弱の間、数え切れないほど食べたディベヒ料理。
メニュー数は少ないですが、そのなかから私の選ぶ
マイべすと飯(めし)を発表します。

その料理はこちら!

ジャカジャカジャカジャカ

ジャカジャカジャカジャカジャーーーン!!

P1284142.jpg
ガルディヤとテルリファイ!

ガルディヤは魚のスープみたいなもの
テルリファイは揚げた葉っぱ

審査基準は、
飽きない美味しさ、モルディブならでは(インドにはない味)
色の鮮やかさ、
を総合しております。

P1284144.jpg
はい、これはテルリファイかけすぎです。
油の摂取しすぎで即刻太ってしまいます。
が、かけずにはいられないテルリファイ。

あぁ、この写真見ていたらよだれが出てきました。

WAKU WAKU !!

2月13-16日、マレにあるヒリヤスクールで行った

WAKU WAKU Festival with JOCV in Hiriya School


簡単に言うと、

体育で WAKU WAKU!!
音楽で WAKU WAKU!!
図工で WAKU WAKU!!

子どもたちも WAKU WAKU!!
先生たちも WAKU WAKU!!
マンマやバッパも WAKU WAKU!!

そして私たちJOCVも WAKU WAKU!!


そんなフェスティバルでした。


いつもは体育だったら体育隊員だけでワークショップ、
音楽やバンドなら音楽隊員だけでワークショップ
小学校隊員で来ている隊員もいるけれど、結局モルディブで
図工に関することで活動したりワークショップをする機会が
ある隊員はほとんどいない。(今はゼロです。)

しかし、今回は3教科合同でのフェスティバル開催!!
1、2日目 JOCVによるモデルレッスンと教師向けワークショップ
3日目   フェスティバル開催!!


詳しくは、いつもお世話になっています
「キヒネッタ?」ブログをご覧ください。



はい!  
「キヒネッタ?」ブログで詳細は分かりましたでしょうか?
では、私の感想です。


私が嬉しかったのは、自分が活動している分野(情操教育)に関連した
フェスティバルを首都のマレで開くことができたということです。

日本文化紹介やJOCVの活動紹介がメインの日本フェスティバルは経験し
たことがあり、それもとても楽しく、日本文化に興味を持ってもらえると嬉しい。
でも、JOCVと普段から関わりの深いモルディブ人以外のモルディブ人は
みんなお客さんになってしまうし、パフォーマンス的な要素が強くJOCV
ばかりが目立ってしまう。
もちろんそうやって「知って」もらうことも大切。

「でも」ばかり使ってしまうけど、でも私としては情操教育に関すること
を通じてモルディブ人と触れ合えたり、楽しんでもらえた時が一番嬉しい。
ありきたりな言葉で言うと「やりがい」を感じる。
そのためにこの国に来ているから。
だから日本に興味を持ってもらうのはその後でもいいかなと思っている。
何なら体育や音楽、図工が以前より楽しくなり、もっと学びたいと思って
もらえるなら、みんなが私のこと日本人って知らなくてもいい。

極端ではありますが、そんな風に思います。


また、モルディブに来て初の図工の授業ができたのも嬉しかった。
準備の段階から常にWAKU WAKU でした。

普段、共同制作をする機会の少ない(ない?)子どもたち、いつも絵を描く
のはA4の紙か大きくてもA3ぐらい。そんな子たちに
「今日はグループで、」
A2の紙を4つ繋げた紙を初めは折りたたんでおき、徐々に開きながら、
「大きな、大~きなかみに夢のマレ島を描きます。」
とでっかい紙を見せた時の

「ラーイラー!」(驚いた時によく言う言葉。英語でいうOh my God的な言葉)
と言いながら目を見開く顔が本当にかわいかった。

授業は2クラス行って、まぁ反省点も多々ありますが本当に図工ができて
良かったです。


こんなに睡眠時間の少ない1週間はモルディブに来て初だったけど、その疲れ
は嫌な疲れではなく、心地よい疲れでした。

Anbaara ピクニック!!

体育ワークショップでいい汗流したあとは、ピクニックへ!
私が日本へ帰るまでにもう一度行きたかった島、アンバーラ
へ行きました。

P2094500.jpg
P2094506.jpg
P2094509.jpg
P2094513.jpg
P2094528.jpg


P1050202.jpgP1050168.jpg
アンバーラはリーフが本当にきれい。
空中散歩している気分になります。
今回、私のウォータープルーフカメラはバッテリーを入れてく
るのを忘れてきたため役立たず。これらは去年の写真です。

P2094551.jpg
P2094552.jpg

私がスパゲティの麺を忘れるというハプニングもありましたが、
何とか食料確保。
ご飯と獲りたての魚、美味しかった~

体育ワークショップ ケヨドゥ編

2月9日、ケヨドゥで先生向けに体育ワークショップを行いました。
今回は頼りになる助っ人、体育隊員の方が3名来てくれました!
そしてケヨドゥでディベヒ語を勉強中の新隊員の方々にも、職種関
係なく手伝ってもらいました。

毎回不定期で行われるワークショップ、いつもは1人で開くため一日
一つのスポーツや単元だけにしている。でも今回は助っ人だらけなの
で、先生たちのリクエストにも応えて、

・タグラグビー
・ドッジボール
・マット運動
・バドミントン

と盛りだくさんの内容!しかもバドミントンは新隊員のバドミントン
コーチから基本技術を教えてもらうという贅沢!
これ、私も楽しみでした♪

これまでに授業で一緒に教えたものもあるけど、確認という形で先生
たちも体験してもらう。そんな風にしてワークショップを開きました。


~午前の部~

P2081057.jpg
先生たち、ワークショップの時はいつもそうだけど子どもに戻って
わくわくした表情になります。

P2081064.jpg
タグラグビーは私も日本で大学の授業や、体育の研修で行っただけ。
正規のルールをかなりシンプルにしたゲームに取り組みました。
写真はウォームアップのボール取りゲーム。
ルールをこうしたらいいとか、コートの広さなど私にとってもやって
みて発見が多かったです。子どもに合わせてルールや場所、道具の
数を変えることで本当に楽しい運動になりそうです。

ドッジボールでは、日本式のドッジボールを行いました。
普段生き返りありの中当てやSPボールはどの学年もよく取り組んだの
ですが、日本式のドッジはまだ定着するほどにはやってなかったので
今回ワークショップでもゲームをしました。
日本人と混ざってゲームを楽しむことで、ドッジボールの醍醐味を理
解してもらえたようです。


午前の部終了!
午後の部までは時間があったので私たちは海に飛び込む!!
この3週間ほど海の状態が最悪だった(波がある、流れがめちゃ速い
そのため水中が濁っている。)けどようやく回復してきた。
そりゃ海に入るしかない!!
2時間弱入りました。海、きれいになってます。


~午後の部~

_DSC0736.jpg
マット運動では、まさかの先生たちがとってもアクティブ。
とにかく挑戦していました。段階に沿った練習、サポートの仕方を伝
えました。ちなみに写真一番右の先生、一番年上ですが一番活発で一番
上手にできていました。そういう先生がいるのはとても頼もしいです。

_DSC0747.jpg
そして最後は場所を学校から、バトミントンコートに変えてのバトミン
トン講座!
私もラケットの正しい持ち方を知りました。

_DSC0753.jpg
一日お疲れ様でした!!!

そして隊員のみなさん、お手伝いいただき本当にありがとうございました。



2日連続のサプライズ②

「今日4時にラッリ(5年生の女の子)の家に来てね。」

家の近くを歩いたら突然そんなお誘いがあった。
そう言った女の子の顔が何やらニヤニヤしている。
何て分かりやすいサプライズだ。
隠しきれてない所が子どもらしくてかわいいなぁ。

4時にラッリの家の前に行くと、
「ごめん!あと5分待っててね!」
隣りの家の男の子と遊んでいると、
「あと10分いい?遊んで待ってて!」
と、どんどん待ち時間が増える。

そして、4年生5年生の女の子がみんないて家の中で大騒ぎ
している声が聞こえてくる。何かを準備しているようだ。

P2064302.jpg
サプライズがばれないように私の気を引こうと外に出てきた子たち。
P2064279.jpg
隣りの家の前で、馬とびをしたりダンスを踊ったり大騒ぎ。
私の髪もぼっさぼさ。

さらに、通りすがりの男の子たちがサプライズ計画を知り、それをばら
そうと私に話しかけてくる。

「マサヨミス、女子たちはケーキ作って・・・」
「あーーー!!言ったらあかん!!!!」
「チョコレートのケ・・・・」
「ぎゃーーー!もーっ!!あっち行って!!」
「ミス、この男子の話は聞いたらあかんで!耳ふさいどいて!」

ちゃちゃ入れて喜んでいる男子たち。日本と一緒だ。
もう完全に分かってしまったけど、この様子が可笑しすぎて微妙に分かっ
ていないフリをして私も楽しむ。私もずいぶんとディベヒ語が聞き取れる
ようになったなぁ。

30分後、ハプニング発生。したらしく、女の子がお店へ走る!
そして何かを買い、それを私にバレまいとお腹に隠して再び家に戻る。

何だ何だ?!今から作り始めるのか?!!


1時間後。テンション上がりきって若干おかしくなってしまった子どもたち
は自作の歌をエアギターで披露しておおはしゃぎ。

「サプライズ フォーユー♪サプライズ フォーユー♪」

そして1時間40分後。
「あーであーで!(おいで!おいで!)」
ようやく完成したようで、家の中に呼ばれる。

P2064326.jpg
ケー○を隠してます。

P2064327.jpg
ケー○を隠してます。

P2064329.jpg
じゃ~ん!!!
予想以上の美味しそうなケーキと、きれいな花の飾りつけにチョコレート
ケーキと分かっていたけどびっくり!
驚いて正面から写真撮れず。

P2064336.jpg
みんなが待ちに待ったケーキは、歌ってケーキカットした後はものの1分で
15人の胃袋の中に。

P2064333.jpg
このサプライズを考えてくれたラヤール(ラッリ)、いつの間にかすっかり
お姉さんになったなぁ。


本当に美味しかったです。最高に嬉しい誕生日翌日をありがとう!!

2日連続のサプライズ①

今日は私の28回目の誕生日だった。

日本だと2月は極寒なのでこんな汗だくの日々の中で誕生日を迎える
ことがなかった。そして「2月」ではなく「February」と言うから
余計に自分の誕生日が近づいているという意識がなかった。

前日に先生の何人かから「明日は何日?」「何の日?」としつこく
聞かれで気がついた。「あっ、自分の誕生日だ。」

今日は、今ディベヒ語の勉強をしにケヨドゥに来ている新隊員の子たち
と晩ごはんを食べにホタ(レストランっぽい所)へ行った。
初めは女の子3人だけで食べるのかと思っていたら、男の子たちも来て
いてみんなが誕生日を祝ってくれた。
コーラで乾杯!でも乾杯してから飲むと一口目はなんだかビールを飲ん
だような錯覚に陥った。しかしやはりコーラ、後味が甘かった。

ご飯をお腹いっぱい食べてさあお開き・・・・
と思っていたら何とケーキ登場!!
しかもバラのデコレーションがとてもキレイ!!

嬉しい!

しかし、デコーレーションに使っているのは恐怖のバタークリーム。
「あっまーーーーー。」
「目で楽しむにはいいけど、食べるのにバタークリームはきついな~。」
と笑いながら食べる。このサプライズ本当に嬉しかった。

ありがとうございました!!

いつも新隊員の子たちが私のケヨドゥ生活をさらに楽しませてくれる
からお礼をしたいのは私の方。
彼らがケヨドゥを去る日曜日までに何かできるといいな。


おまけ

最近、季節の変わり目のようで海の状態がずっと悪かった。ありえない
波の高さ(普段はほとんど波がない)と速い潮の流れで、海の中は砂で
濁っていた。モルディブに来て一番の透明度のなさだった。
しかしこの2日ほどで海の状態がみるみる良くなった。

そこで誕生日の夕方にシュノーケル決行!
透明度が戻ってきていた。そしてウミガメと3回遭遇。
やはりモルディブの海はきれいです。
プロフィール

まさぞう

Author:まさぞう
粉もんと牛乳でできています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。