スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボドゥイードゥ

10月25日から29日までモルディブは5連休でした。

イスラム教徒のメッカ大巡礼の日、そして犠牲祭と続き、それ
に付随する休日もあって5連休です。

ケヨドゥでも小規模ではありますがイベントが行われました。
しかし、この5連休はずーっと悪天候、青空を見ることはほとん
どありませんでした。屋外でのイベントばかりだったので延期
になったり中止になったりしたものがほとんど。

うっかり昼寝していたり、夜遅いイベントは起きてられずに寝
てしまい見にいけなかったりしたものもありますが、参加した
イベントを写真で紹介します。

まずイードゥ初日である26日の朝、毎日の5回のお祈りの他に
もう一つ特別なお祈りがありました。

そしてその後、
PA265296.jpg
ヤギ2頭を犠牲として捧げる。(後でカレーを作って食べます。)
このヤギはマレの方から買ってきたらしく、1頭4000ルフィヤ
(約2万4千円)するそうです。


P1060240.jpg
路上でのボドゥベル演奏。今年は夜に他の島の人も来て演奏をして
いた・・・らしい。不覚にも寝てしまい見れず。

そして昼過ぎに行われた水のかけあいっこも今年は寝ていたので行
けず。


27日午前中は、綱引き大会。
P1060221.jpg
負けた時。

P1060222.jpg
勝った時。

スクールチーム優勝!!

他にもイードゥ前から行われていた女子バレーボール大会の決
勝が行われるはずが悪天候のため実施できず。延期延期が続き
ます。スクールチームも出ましたが予選敗退。
男子はサッカー大会が開催されました。

そして28日の夜には、ダンスショー!
P1060333.jpg
こちらは伝統的な音楽だけでなくヒップホップをガンガンにかけ
たり何でもOKなステージでした。証明はド派手だけど暗くて顔や
衣装がほとんど見えず。みんなで、
「誰?あれは誰?」
と言い合いながら見ていました。

私も先生チームで一緒に踊りました。
ステージで踊ってる写真は暗すぎて撮れなかったのですが、ステー
ジ横で撮ってくれた写真が一枚ありました。踊った後で顔はテッカ
テカです。
P1060338.jpg
こんな風にブルガに花をつけておどりました。恥ずかしいので画像
は小さくしておきました。
普段ジャージしか着ていないし髪も短いので、この格好はみんなに
大好評。私がブルガ被ることは内緒にしていたので気づかない人も
たくさんいてドッキリ大成功という感じでした。

ドッキリと言えばマンマたちのおかしなイタズラもありました。

あるマンマはボドゥベルで踊っている人の顔に小麦粉をかけてケッ
タケタ笑っていました。

またあるマンマは夜のダンスショーの時、i-Padを掲げ写真を撮る
よと言い、相手がポーズを決めたらしばらくじっとし、「うん、撮
れた。」と言って去っていく。
が、よく見たらそのi-Padはただの板なのでした。

というi-Padドッキリで楽しんでいました。
島でも徐々に増えてきたi-Pad所有率。
今という時代を感じます。


5日間、島じゅうみんなで楽しい時間を共有できました。
スポンサーサイト

続・Teacher's Day

Teacher's Day には後日、もう一つのイベントがありました。
これは去年から始まったことなのですが、

P1010922.jpg
10月13日、この島に行きました。

この島、何かというとリゾート!!
ケヨドゥのあるヴァーヴ環礁にあるアリマタリゾートです。
このリゾートはケヨドゥの人たちがたくさん働いている。
また、アリマタのゲストが半日住民島ツアーでよくケヨドゥ
に訪れます。
そういう深いつながりと、この時期はこのリゾートの閑散期と
いうことタイミングもあり実現したイベント。

学校の先生や職員、PTAの役員のママ、アイランドオフィ
スの人、総勢35名で行ってきました。

慰安旅行といった位置づけでしょうか。

今年も面白かったです。




朝6時集合、1時間弱で到着。

リゾートについたらさっそく朝ごはん。
私の目に入ったのはベーコン!豚肉だ!イスラムの国モルディ
ブの住民島には絶対にないもの。
リゾートのベーコンがどんな味なのか食べてみたいという
好奇心。こんなにもお好み焼きの豚玉が好きな私がこの1年で
膨らましてきた豚肉食べたい欲求。
この二つの思いとモルディブの先生たちはみんなムスリムだ
しベーコンは遠慮しとこうかという思い。
天秤にかけたら前者の方がはるかに重たかった。食べる!
私はベーコンを皿にパパパッと盛り、さっとインド人の先生
たちが座っている辺りに座って食べ始めた。


う~ん…しょっぱい。


しょっぱすぎてとてもじゃないけど食べ切れなかった。

私の好奇心と欲求はあっさり裏切られてしまった。



朝食の後、部屋で休憩してから島の散歩へ出かけた。

P1050942.jpg
写真撮影。
ケヨドゥ発モルディブアイドルグループ「ティーチャーズ」

いいんじゃないですか?笑


P1050993.jpg
水上コテージ見学。



そして昼食。

昼食での私の目当ては野菜!特にブロッコリー!!
普段、ほぼ毎日食べることができるのは玉ねぎとじゃがいも。
時々にんじんとキャベツという生活。肉よりも何よりも体が
本当に欲しているのは新鮮な野菜、濃い緑色の野菜!

私は去年ここにきた時、皿に山盛り2杯のブロッコリーを食べた。
他の料理には目もくれず。

今年もそれを一番の楽しみにやって来た。そのために朝食のパ
ンは控えめに食べた。さあ、今年も一年分のブロッコリー食べるぞ!

一皿目はお皿に半分ブロッコリー、4分の1にトマトやサラ
ダ残りにグラタンとパスタ、という風に盛り付けた。

あっという間にたいらげ、いざ二皿目。次は4分の3ブロッコリーに
するぞ!

と意気込んで行ったもののブロッコリー売り切れ!!!
ガーーーン。
久しぶりに「ガーン」って使ってしまうほど残念。
一皿目全部ブロッコリーにするべきだった。作戦失敗。

でも気を取り直し、トマトやサラダをこれでもかという程
食べお腹は満足。


食後はまた部屋でくつろいぎ、私たちの部屋のメンバーはい
つの間にか昼寝をしていた。
隣りの部屋は女の先生たちが集まって、妙にハイなテンショ
ンで大騒ぎしていた。
これ、修学旅行だったら絶対に見回りに来た先生にこっぴど
く叱られてます。


そして休憩が終わったらバレーボールをして、その後海に入った。

P1060105.jpg
私のカメラがウォータープルーフなので水中写真大会開催!
後からデータをみてみんな大爆笑、そして大満足の水中写真でした。
本当はこの写真の100倍はしゃいでいますが、写真が面白すぎるの
でここには載せることができません。


海からあがったらティータイム。モルディブ風にへディカ(ショー
トスイーツ)と紅茶で一日を締めくくる。

と思ったらリゾートからのサプライズ!!
巨大ケーキの登場!!
P1060125.jpg
一人ずつケーキカットをしていただきました。
が、サプライズだったためにケーキがあるとは知らずへディカを食べ
過ぎた私たち。ケーキはこの写真のまま残ってしまった…。
だからこの状態のまま、包装も何もなく船に乗せてケヨドゥまでお持
ち帰りしました。



食べて寝て遊んで、日帰りリゾート慰安旅行を満喫しました!

今年度もあと1ヶ月

先週、無事?に終わった鉄棒の授業。

手にマメを作りながらも必死で練習する子がたくさんいてとても可愛かった。
初めは怖くて頭を下げれない、こうもりで手が離せない子だらけだったけど、
今はほとんどの子が楽しそうにゆらゆらゆれています。

1年生。

P1050768.jpgP1050770.jpg
腕の力がついてきたぞ~。      「もっと足を上げて!」「ひいぃ~前に落ちちゃう!」



3年生

逆上がりまでできるようになった子がたくさんいた学年。
逆上がりの難しい技に挑戦するにはちょうどいい年齢なんだろうか。

P1020490.jpg
子ども同士でも教えあったり、補助しあったり。
今までできなかった子ができるようになった時には歓声が沸き上がった。

P1020486.jpg
幼なじみが撮ってくれた、私の(幼なじみも)お気に入りの一枚。
右側の二人に注目。

P1020503.jpg

先生たちも実際授業をしてみて、どうサポートすればいいか、何をする
と危険なのかということが分かってくれたようです。
そして何より、子どもと一緒に大喜びする先生の笑顔をたくさん見ること
ができたのが励みになりました。
後は、来年度以降に向けて鉄棒カードを作り直してこの単元は終了。


来週からはどの学年もテストが始まる。
今年度の授業も一つ一つ終わりを迎えていく。が、幼なじみが日本に
帰ってからというもの、また悪天候が続き、朝から降り続く雨、突然
の強風と共に訪れる雨に振り回され続け、何かぐだぐだな感じで最終
授業を終えてばかり。

ラッキーガールの幼なじみがあと2週間いてくれればよかったのに!

(ちなみに彼女がいた1週間は来た初日の夕立ちと一度夜中に降った
大雨以外はずっと晴れだった。彼女が来るまでの2週間と帰ってから
の2週間はずっと雨。ものすごい幸運の持ち主です。)


さて、これからは今年度の成績をつけ、来年度の学年ごとの年間計画
や評価観点表・成績表づくり、また次回のワークショップの準備に向
けて毎日毎日パソコンの画面とにらめっこです。


ようこそモルディブへ④ ケヨドゥ・ご飯編

「マサヨの友だちをご飯に連れておいで。」
といつも朝ごはんを食べに行ってる家のマンマに言われたので、
P1020534.jpg
朝食はおうちでごはん。
幼なじみは、私が当初苦手でほとんど食べていなかったリハクル(ガ
ルディアという魚のスープを焦げちゃでどろどろになるまで煮詰めたも
の。写真真ん中)も「うん、美味しい。」と言いながらパクパク食べて
いた。
すごい、私なんかリハクルが美味しいと思い始めたのなんてつい何ヶ月か
前なのに。

P1020605.jpg
そして金曜日の昼(ご飯が一番豪華な日)もご馳走になった。

私の幼なじみはすごく華奢なのに、ほんとによく食べる。マンマが
「たくさん食べやー!」「もっと食べやー!」
と注ぎ足してもぺろりと平らげる。

「マサヨの友だちは細くてきれいなのに、ごはんもたくさん食べて
バラーバル(すばらしい)だ!」

マンマ大喜び♪




この一週間は、ホタでもよくご飯を食べた。

ここのシェフのおっちゃん。
彼は昔、とあるリゾートの厨房で働いていた。

店にはお品書きがないので、おっちゃんに、
「メニュー何がある?」
と尋ねるといつも、

「たくさんある。」

と返事が返ってくる。

「例えば何がある?」
と尋ねても、

「たくさんある。」

食べたいもの何でも言いな、オレに不可能はない。
という表情。

おっちゃんはモルディブのレストランの定番、フライド
ライスとフライドヌードルはもちろんのこと、ラザニヤ
やパスタ、日本料理(これは謎…)など何でも作れると
自身満々。
以前フライドヌードルを食べたことがあるけれど、確
かにおっちゃんの作るヌードルは美味しい。

が、問題はいくら美味しい料理が作れても500m×250mの
島のホタが満員御礼、大忙しにはなることはない。島の
人がお茶をしには来るけれど、何か特別な日以外にひょ
こっと外食しにくる人はまずいない。

ということで、問題はおっちゃんの腕ではなく材料。

わたしが
「じゃぁ、ラザニヤ食べたい!」

と言うと

「あれは一回で一袋使い切らないとあかんから、3人前から
じゃないと無理。」

と断られる。そして若干キレ気味に言われる。
そんなキレられても私にはそこんとこの事情なんて知らないし。
理不尽に怒るのでおっちゃんのことをあまり好いていない島の
人もいる。
私は唖然とはなるけれど腹が立たない。なぜかというとがんこ
親父の作るこだわり料理は美味しいものだ、と思い込みがある
から。


そんな店で今回も無理を押し通しつつこっちも譲歩しながらご
飯を食べた。
初日はフライドヌードル。
うん、フライドヌードル美味しい。


そして食事中にふと壁を見ると今までになかったホワイトボードが。

P1050740.jpg
あらら、メニューができてる。しかもターナ文字で

パスタ 
ラザニヤ
スパゲッティ

などの洋食から

ガルディヤ
ロシ
コットゥロシ
ムグリハ

のディベヒ料理まで、ホワイトボード2つ分にメニューがびっ
しり書かれてあった。

おっちゃん、外国人のゲストもよく来ることだしついにメニュー
を作っていつでも作れるようにしたか~。やるな~。

と、その日はメニューを写真に撮り、部屋に帰ってから日本語で
メニューを書き写した。


ホタに行くまでに幼なじみと何を食べようか迷い、よーし今日は
これ食べようと決断をし、いざ店へ!!


「おっちゃ~ん。これとそれとあれが食べたい!」

「2人だけしかいないのに作れるわけがない。」

ちーーん。


何度となくチャレンジしましたが、メニューに書いてある料理ほと
んど作ってもらえなかった。
私の日本語に書き直した苦労は一体…。

おっちゃんは、
「2人だから作れない。もっとたくさんで来てくれないと。」
とご機嫌ななめ。
客の入りを見ていたら、そりゃそうだと納得。
おっちゃん困らせてすいません。

おっちゃんが何でも作れるのは知ってるから、お願いだから今度からは
その時に作ることが可能な料理を教えてください。


というわけで結局難なく作ってもらえたのはモルディブの食卓でも今や
定番のパスタだった。

P1050826.jpg
うまいうまい。


P1050827.jpg
そしてこのデビルドフィッシュ。酢豚をかなり辛くしたような味ですご
く美味しかった。



ある日の昼は、ちょうど大勢で食事をしに来ていたグループがあったので
おっちゃん自信満々。

「今日はマスリハ(魚のカレー)がある!」

らっきー、じゃあそれで!

PA045020.jpg
幼なじみもアトゥンカニー(手で食べている。)


いや~よく泳ぎ、よく食べ、よく寝た何とも健康的な一週間でした。
私は引き続き、このホタでおっちゃんに怒られながらも色んな料理に
チャレンジします!

Teacher's Day 2012

10月5日は、
PA045167.jpg
でした。しかし5日は金曜日で学校は休み。
ということで4日(木)に学校でイベントが行われました。
この日の主役は学校の先生。

企画・実行を行うのはいつも10年生。今年は2日後からO'level
と呼ばれる大きなテストが控えているけれど、色々と準備してく
れて私たちを楽しませてくれました。

私の幼なじみがたくさん写真を撮ってくれたので、ささっと
Teacher's Dayの一日をご紹介!

PA044990.jpg
7時に先生たちは整列して歩き学校を目指します。そして学校の
入り口で子どもたちに迎えられ、手作りの花飾りをもらいました。

PA044999.jpg
セレモニーが開かれ、学年ごとのベストティーチャー賞などの受
賞式がありました。そしてその後、先生のタレントショー(歌や
手品など)があり一時休憩。

その休憩中に、今年もたくさんの手紙やプレゼントを子どもから
もらいました。結局今年もカバンに入りきらず。
PA045018.jpg
子どもがお母さんと一緒に作ってくれたスイーツ、激甘でしたが
美味しかったですよ~。


お昼からは、チーム対抗障害物競走をして、
PA045077.jpg
バレーボール大会をして、

子どもたちはバレーの観戦…

PA045111.jpg
のはずが、低学年や幼稚園の子はいつの間にか鉄棒に夢中。
PA045134.jpg
私もバレーの試合のない時間、つい夢中になって鉄棒をやって
る子のサポートをしていたら、

「ちゃんと、先生たちを応援しなさい。」

と子どもと一緒に叱られました。笑

バレーが2セット先取の3チーム総当り戦だったため、昼からはずっと
バレーでした。


最後は保護者たちの持ち寄りへディカでサーボーン(お茶)タイム。

PA045164.jpg
一日動き回っていた10年生やずっと手伝いをしていた上の学年の子
たち。本当に楽しい一日でした。ありがとう。


ということで一日のイベントは終了。


さてさて忘れてはいけないのがプレゼント。
幼なじみがケヨドゥにいた間は、彼女の宿泊していたゲストハウス
に入り浸っていたので、そこで子どもからのプレゼントを開封。
このプレゼントは島にあるお店や、お土産やさんで選んでいる。
さて今年はどんなものがあるだろう。ドキドキワクワク。
PA045193.jpg
今年のプレゼントもやはりキラッキラの包装紙で包まれています。

PA045200.jpg
何がでるかな、何がでるかな・・・

PA045201.jpg
花瓶でしたー。苦笑

PA045202.jpg

結局、花瓶は4つありました。花や貝殻をモチーフにした置物も。

「マサヨミスはいつも海に入ってるから。」とゴーグル。
(『3歳以下の子は使用しないで』と書いてある。子供用?!)

「体育の時に使ってね。」とデオドラントスプレー。
(えっ?!私、臭かった?!)

そして何とも可愛らしいイルカだらけのTシャツ。
(ゴメン、外で着る勇気はないからここでの部屋着にします。)


と、何とも気持ちのこもったプレゼントたち!!笑
去年よりバラエティーに富んだプレゼント、どうもありがとう。

ようこそモルディブへ③ ピクニック編

学校が休みの土曜日を利用して無人島ピクニックへ行ってきました。

PA065217.jpg
ボートの運転だってお手のものの幼なじみ。かっこい~!

P1050830.jpg
途中でシュノーケルをし、その後本日の昼ごはんの獲物をと魚
釣りをしたものの釣れず。私は今までピクニックに行く時に魚が
釣れたことがない。いつも言われるのが「昨日、イタリーのゲ
ストを連れて行ったときはいっぱい釣れた。何でマサヨの時は
釣れないんだ?!」
30分ほどねばったけど魚がつつく気配すらなかった。
残念、本日の昼食はヌードルのみです…。

P1020637.jpg
これが今回行ったBodumuhuraa(ボドゥムフラー)島、歩いて
10分ぐらいで一周できる大きさです。

P1050840.jpg
島を散歩。頭に変なもの乗せられました。思いのほか日差し
を防ぐことができたので結局一周するまでかぶってました。

P1020633.jpg
にんにくを切ってます。3人分でどんだけにんにく入れるんや~。


お腹いっぱいになったら、休憩もせずに海に入って遊んだ。

帰りには貝殻がたくさんある島によって貝殻拾いをしてからケヨ
ドゥに戻った。ケヨドゥがすぐ目の前という所で、この日もまた
ウミガメに会った。


はぁ~楽しかった!!!

楽しくて思わずため息が。

ようこそモルディブへ② ケヨドゥ・海編

P1020416.jpg
幼なじみが使うシュノーケルマスクが壊れてないかチェック中。
「OK!異常なし!!」

さて準備はばっちり。いざケヨドゥへ!!
P1020431.jpg

P1050729.jpg
私はひたすら宮部みゆきの『模倣犯』を読み続け、友だちは酔い
止めが効いたのか後半はひたすら寝続けること6時間。ケヨドゥ
に到着。


ケヨドゥではとにかく毎日海に入った。
雨期真っ只中なので多少透明度は低かったけど、そんなの何の問題
もない。モルディブの海はきれいです。

P1050877.jpg
「こんにちは、あらマサヨさんと幼なじみさん、今日も来たの?
ご苦労なことね~。」

P1050798.jpg
あっ、あそこに見えるのは!!

P1050784.jpg
ウミガメさん!

このウミガメが見られる場所で4回ほど泳ぎ4回ともウミガメに会え
た。ケヨドゥに来た日本人初の快挙か!?しかも1回につき2匹は会
えた!何とラッキーガールなんだ私の幼なじみは!

実は以前島の人に「朝の9時から10時頃にウミガメが来るよ。」と
教えてもらっていた。何匹もウミガメはいるけど、どれもだいたい
この時間に来るみたい。1回はその時間に会えた。そして、残りの3
回は今まであまり海に入ることがなかった夕方4時前後。平日は私の
活動が昼過ぎまであったのでこの時間にしか海に入ることができな
かった。それが逆に、新たなウミガメ時間を知ることに繋がった。

ウミガメの中にも性格が色々あって、私たちを認識するとササーッと
すぐに深い所にいってしまったり、岩場に隠れたりするもの、逆に
全くお構いなしでふわ~ふわ~と漂うものもいた。カメラを持ってい
なかった日には手が届きそうなくらいすぐ真下までやって来た。この
子とはたぶんもう友だちだ。5分ぐらい一緒に泳いだ。

今までは運まかせだったウミガメとの出会い。これからは8割バッター
目指して海に入ります。

ラッキーガールのおかげで、私までこの1年ちょっとで味わったことの
のなかった経験と新発見をすることができた。

ようこそモルディブへ① マレ編

幼なじみがモルディブに着いた翌日はマレ観光をした。

観光名所がないモルディブ・・・
それでも頑張って絞り出しました。


マレ(リゾート以外のモルディブ?)唯一のプール!!
P1020386.jpg
塩水です。ぷかぷか浮いております。
ロンドン五輪に出場した選手もここで練習しています。すごい。

P1050711.jpg
あれれ?最高海抜が3mに満たないモルディブに山がある。しかもマレに。
表の入り口に行ってみると、


P1050714.jpg
実はゴミの山だったんです。周囲5kmしかないマレにこんなに大きなゴミ
山。狭小な国土だからこそより強く感じるゴミ問題。まだまだ課題は山積
みです。


P1050717.jpg
イスラミックセンター/ボドゥフクルミスキー(モスクです。)

P1050719.jpg
そして海沿いを歩きフィッシュマーケットと野菜市場を見学。



ちょうどお昼になったので、私たち隊員が愛してやまない“Jazz Cafe”へ。
モルディブ料理(ディベヒ料理)はケヨドゥに行ったら嫌と言うほど食べる
ことができるということで、私が行きたい店に付き合ってもらいました。
今日もハンバーガーが美味しかった!!


半日も観光してないけど、北から南、東から西と歩きつくした幼なじみは真の
マレマスターです。

そして夜は空港島にあるフルレホテルで乾杯。
しかも一緒に飲むのは初めて!ほんとに美味しい時間でした。



さあ翌日はケヨドゥに出発!


プロフィール

まさぞう

Author:まさぞう
粉もんと牛乳でできています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。